計算すると婚活

インフルエンザワクチンは子どもだけ打ってきました

2016年12月 5日(月曜日) テーマ:

11月頃になると、毎年焦ってくる子供たちのインフルエンザの予防接種。

打ってもかかるから打たないってママもいるけれど、効果うんぬんより打たないでいることが私は怖い。
もし、自分の子供がクラスで一番にインフルエンザにかかって、そこからひろまってしまったら・・・とか、遊びに来たお友達が鼻水ずるずるだったら・・・とか考えると、インフルエンザの予防接種をしているということは、かなりの心の安心材料になるんですよね。
母として「やることはやっています!」という、私の為に。(笑)
痛い思いをさせて、子供たちには申し訳ないけれど、毎年受けさせることに決めています。

でも、打つと決めても、「今、風邪がすごく流行っているから、病院こんでるよー!」とか、「音楽会あるから今病院行って、変な風邪もらってきても困るなぁ」とか、なかなかタイミングがつかめない。それに、子供たちって今の季節は、なんとなくいつも風邪っぽい。鼻水出してたと思ったら、夜だけ咳出たり、目やにがひどかったり。
行けるときには、「今だ!」って感じで毎年行っていますね。
それも2回接種。。大変ですよねー。

しかも、1回2400円。良心的な値段の病院を選んでいっているのですが、やはり高いですよね。
うちは2人いるので、2400×2回×2人で9600円。馬鹿にならない金額。
これは、果たして国が儲かるのか、病院が儲かるのか、ワクチンの会社が儲かるのか。謎です。

毎年悩みの種のインフルエンザ。
予防接種なんかしなくても、もっと良い解決方法が見つかる日を切に願います。
私はワクチンをしませんが、ラバ茨木店に通っているのでインフルエンザウイルスをもらう可能性はあるんですよね・・・。うーん、ラバ茨木店に行くのを控えるべきか迷います。→ラバ茨木店の予約はこちらから